東陽町ホンネの日記

2016年9月3日(土)
今日の日記は魚屋の話題を・・・

新聞やテレビで「不漁のためサンマや秋鮭が高騰している」という報道が目に付くようになりました。三陸や北海道への台風直撃により、漁船が漁に出られなかったり、海水温度の上昇によりサンマが南下して来られないなどの原因で水揚げが減少しているのです。

事実、名古屋中央卸売市場への入荷も少なく、感覚としては昨年の倍以上の値段で取引がされています。秋の売れ筋商材だけに弊社としても頭が痛いところです。

同じように台風の被害を受けた農地はもっと深刻です。冠水により今植わっているものの被害はもちろんですが、長年維持してきた表土が流され、肥料を入れて元の肥沃な土地に戻るには十数年掛かるとも言われています。

魚の不漁は今年だけ、上手く行けば数日で回復する可能性があります。農家の先の見通せないご苦労に比べれば、私たちはまだまだ良い方です。このように、少しでもポジティブに捉えて行く事が大切だと思っています。

被災された皆様方に心からのお見舞いを申し上げます。