東陽町ホンネの日記

2018年5月27日(日)
朝5時、市原稲荷神社さんで行われた(一社)実践倫理宏正会の朝起き会から一日のスタートです。

晩婚化や生涯未婚率の増加が少子化の要因の一つであり、そのために刈谷市でも様々な子育て支援策(少子化対策)を行っているし、全国の自治体では婚活支援策を行っているところもある。そうしたことは行政でもできるが、一番有効な対策は「家族を持つって良いものだなぁ~」と思ってもらうことであり、それは本会の会友が家族愛和している姿で見せることである・・・このような内容で、家族をテーマに演談をさせて頂きました。

その後、桜市民館で行われている資源回収のお手伝いをしました。1ヶ月の間に倉庫に溜まったダンボールを回収場所まで運んでくるのが主な仕事です。今月はいつもより量が多いように感じました。

資源回収が終了した後は、JR刈谷街道踏み切りの隣(南桜町)にある公園の花植えのお手伝いを行いました。いきいき友の会の会員さんを中心に、商店街会員さん、地元住民の皆さんのほか、公園の前にあるサナル予備校の先生8名も一緒にお手伝いして下さいました。まちが花で彩られることは素敵なことですね。