東陽町ホンネの日記

2018年7月13日(金)
ちょうど一年前の今日。7月13日の私の日記に掲載した写真です。博報堂クリエイティブプロデューサー ひきたよしあき氏。紹介して下さったのは、私の後援会女性部副部長の松浦さんです。

原点に戻ること。みんなが笑って暮らせる日本へ

孤独な金持ちになるよりも、笑って過ごせる暮らしがしたい。
人を蹴落として上にいくよりも、笑って過ごせる仲間を増やしたい。

松浦さんがいつも言われる「神谷さん、言葉は言霊と言って命があるから、プラスのことを言えば運命が良くなり、マイナスのことを言うと悪くなってしまうのよ」の言葉と共に、今の私にはタイムリーに心に響きます!

夕方、あるお得意様の取引業者会に出席しました。現在力を入れていることとして「子育て支援」「高齢者支援」「働く女性支援」「防災・防犯」の4つを挙げられました

また『トータルライフサポート』を標榜し、銀座AB地区において、食品スーパーとカフェの出店を予定していて、社会貢献や刈谷のまちづくりへの貢献を積極的にしておられる企業です!