愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2021年1月3日(日)
昨日に続いて今日も[第97回箱根駅伝]の話題です。

往路優勝の創価大学が終始トップで走っていたのですが、最終ランナーの10区に入り、駒澤大の石川選手が凄い勢いで20.8Km地点で創価大学の小野寺選手を抜きます。そしてそのまま駒澤大学が13年ぶりの総合優勝となったのです。

石川選手が襷を受けた時にはトップとは3分以上の差がありましたが、それを逆転しての劇的な勝利でした。また昨日往路で12位と振るわなかった昨年の覇者、青山学院大学は4位まで順位を上げました。この走りも凄いの一言です。

その結果今年の大会は、総合優勝は駒澤大学・往路優勝は創価大学・復路優勝は青山学院大学という結果となり、群雄割拠の駅伝戦国時代の様相です。

手に汗を握る場面の多い今年の箱根駅伝でした。そして正月3日目にして早くも、今年1年胸に刻んでおくべき言葉をリアルに見せてくれました。それは「最後まで諦めるな!」です。ありきたりの言葉ですが、今年1年心にしっかり留めておきたいと思います。

▲TOP