愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2024年4月19日(金)

(一社)内外情勢調査会名古屋支部(支部長:大村秀章)の名古屋支部懇談会に出席しました。講師はNHKエンタープライズのエグゼクティブ・プロデューサーの堅達京子氏です。『カーボンニュートラルの実現に向けて~GXへの取り組みと課題~』というテーマでお話し頂きました。

「日本のGXの課題」として次の8項目を挙げられました。
①1.5℃目標に整合していない
②石炭火力のフェーズアウトについてのロードマップが示されていない
③アンモニアの混焼への期待値が高すぎる
④カーボンプライシングが弱い(炭素税・排出量取引の制度化)
⑤原子力についての国民的議論がない
⑥スピードとスケールが足りない
⑦DXが遅れている
⑧国民の理解と機運醸成が足りない

特に、③については、現在碧南火力発電所においてアンモニアの混焼実験が行われており地域的に関心が深い事柄ですが、この点については「アンモニアなどはあくまでもサブ的な役割。しかもグリーンアンモニアではなく、現状では僅か4%のCO2削減効果しかないと言う試算も。コスト面の課題が大きく2030年までの実現性は極めて低い。京都大学の最新研究では2050年の水素・アンモニア発電が世界の発電電力に占める割合は最大でも1%程度に留まる」とのことでした。


夜、『刈谷市スポーツ協会 顧問・連盟会長・会社代表者会議』と、その後開催された『刈谷市長杯総合体育大会総合開会式』に出席しました。体育功労者、各種競技で優秀な成績を残された選手の方に表彰状が授与されました。

特別優秀選手の代表として表彰を受けたのは、刈谷特別支援学校に通う藤井詩さんです。昨年鹿児島県で開催された特別全国障害者スポーツ大会の身体1部女子陸上競技50mで優勝された功績によっての受賞です。

実は彼女の祖母とは同級生、幼馴染でもあり、彼女のことはずっと以前から注目していました。そのようなことから、彼女が優勝したことの嬉しさはもちろんですが、こうして晴れの舞台で授賞者の代表に選んで下さった刈谷市スポーツ協会の配慮が何より嬉しいのです。本当にありがとうございます。

受賞された皆様のご活躍に敬意を表すると共に、お祝い申し上げます。そして、今日の開会式に参加された全てのアスリートの皆様のご活躍をお祈りしています。

▲TOP