愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2024年4月22日(月)

私たち無所属議員9名を対象とした[連絡会]が開催されました。
 
その中で、道路使用許可申請手続きの改正について県警本部から説明がありました。これは、これまで道路使用許可のうち4号許可のみ手数料が免除されていたのですが、6月1日からは1件当たり2500円の手数料を徴収することになったものです。


4号許可とはどのようなものがあるかというと①祭礼行事(みこし・だし・踊り屋台等)②競技会(マラソン等)・仮装行列・パレード③街頭宣伝④集団行動⑤ロケ・撮影・街頭録音会⑥演説・演芸・放送など⑦訓練(消防・水防・避難・救護)⑧実証実験(ロボット移動・自動運転)などです。

一方、これまでも手数料が必要であった許可としては、1号許可(=道路において工事若しくは作業等をするもの)、2号許可(=道路に石碑、銅像、広告版、アーチ等工作物を設けようとする者)、3号許可(=場所を移動しないで、道路に露店、屋台店等の店を出そうとする者) があります。
 
その他、団長会議の協議結果報告。そして5月22日の臨時議会で決定する新たな委員会の希望調整⇒常任委員会は建設委員会、特別委員会はアジア・アジアパラ競技大会推進委員会にエントリーすることになりました。


▲TOP