愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2021年5月11日(火)

愛知県議会臨時議会が行われました。議案は緊急事態措置に係る補正予算総額約651憶4千万円です。本会議での質疑や、経済労働委員会における私の質疑答弁の中からポイントを少し紹介します・・・

■感染防止対策協力金⇒これまでの協力金にはのべ7万店の店舗が申請した。今回の協力金はこれまでの時短要請だけのものと違って酒類の提供も控えて貰っている。これは基本的対処方針に沿った国からの通知であり、協力金は全額国庫支出金であるのでこのスキームは崩せない。

■飲食店の取引事業者やタクシー事業者などへの支援⇒2021年度の売り上げが前年または前々年度に比べて50%以上減少した中小事業者に40万円・個人に20万円を支給する国の「月次支援金」があるが、それだけでは不足の声が多いので、国からの地方創生臨時交付金の特別枠約130億円を活用して、新たに県独自の支援策の創設を考えている。

■大規模集団ワクチン接種⇒名古屋空港ターミナルビルと藤田医科大学において5月24日以降に実施する。その後、三河部など新たな会場での設置も目指して行きたい。その際の課題としては、長期に利用できる大きな会場の確保と医師等医療スタッフの確保がある。


▲TOP