東陽町ホンネの日記

2018年12月13日(木)
刈谷市議会12月定例会建設委員会が開催されました。所管事項の中で「来年4月1日より変更する公共施設連絡バスのダイヤ・路線等の説明」がありました。

その目的と主な変更点を箇条下記で表しますと・・

◎路線及びダイヤは、平成24年3月に一ツ木線、依佐美線を新設して以来の改正
◎路線全体の枠組みは大きく変えず、シンプルな路線に見直し
◎バス停の配置や実態に即したダイヤ編成により、所要時間の短縮や遅延の解消を目的に再編
◎バス停は103箇所から106箇所となり、新たに重原本町など4町が網羅される
◎居住実態のある79町のうち76町がバス停から半径250メートル以内の利用圏域に

路線の名称も一部変更になります・・・

[西境線][東境線][一ツ木線]の名称は変わらず
[東刈谷線]→[運動公園・東刈谷線]に変更
[小垣江線]→[小垣江・依佐美線]に変更
[依佐美線]→[東刈谷・逢妻線]に変更

今後の予定は・・・

(1)時刻表及び路線図の配布        平成31年3月上旬予定
(2)バス新車お披露目           平成31年3月中旬予定
(3)新路線及び新ダイヤにて運行        平成31年4月1日
(4)愛称「かりまる」にて運行           平成31年4月1日

10月に会派で実施したタウンミーティングにおいて公共施設連絡バスに関して戴いた声の中では「ダイヤを増やして路線網を充実すべきだ」といった声が多かったように感じました。そういった意味では、今回の変更により路線や便数が増えなかったことは、とても残念に思っています。

午後から、東刈谷のピアゴ前で街頭演説を行ないました。選挙期間中を除けば、19年間の議員活動の中で、この場所での街頭演説は初めてです。

仲間の鈴木議員がスピーカーの音の大きさや、買い物のお客様にとってどの場所が目に付くかなどをチェックしてくれました。

数人の方から励ましの言葉を掛けて頂きました。その言葉が力になります。ありがとうございます!


2018年12月12日(水)
刈谷市議会12月定例会。今日は私の所属する福祉産業委員会が開催され、所管事項に関する質問として[民生委員さんの負担増]といったことについて質問しました。

それは先のタウンミーティングにおいて「民生委員さんの活動の中に、高齢者の方の安否確認、見守り活動がある」といった話をしたところ「70歳以上の単身高齢者が増加して、民生委員さんだけではフォローしきれないのではないか」といった問題提起を戴いたからです。

過去の数字を含め[民生委員さんの人数]と[70歳以上の単身高齢者数]を聞いたところ・・・
        民生委員さんの人数  70歳以上の単身高齢者数  
平成22年度      148人         1417人
平成27年度      153人         1840人
平成30年度      157人         2234人

このように、8年間で民生委員さんの人数は9人しか増えていないのに、70歳以上の単身高齢者数は800人以上も増えているのです。

民生委員さんの多くは社会奉仕の崇高な精神の下、やりがいや喜び、達成感を持って活動しておられ、こうした受け持ち人数が増えることは気にしておられないのかもしれませんが、客観的にこの数字を見ると、[民生委員さんの人数]と[70歳以上の単身高齢者数]との乖離が将来的には心配になるところです。

民生委員さんを増やす手立ての必要性や、地域包括支援センターの機能を強化して民生委員さんの負担を軽減するなどを提案させて戴きました。

夕方からは、アピタ前とエルシティ前で街頭演説。早速、今日の委員会で質問した内容を話をしました。終了後、「お騒がせをしたお詫びに」の思いで、目の前にあった宝くじブースで年末ジャンボ宝くじを購入しました。案外、こうした軽い気持ちで購入したほうが当たったりして・・・(笑)
2018年12月11日(火)
コロンブスレポートの原稿書きを始めています。年末は何かと忙しくなるため、兎に角、「仕事に追われる」のではなく「仕事を追って行く」姿勢で臨みたいと思います。

その後、会派で打ち合わせ。会派の皆さんから「街頭演説を沢山やること」と激励を貰いましたので、早速アピタ前での街頭演説を行ない、12月定例会の一般質問・委員会所管事項について訴えました。

この場所は知り合いも多く通りますから、沢山の方から「頑張ってね!」の励ましを戴きました。寒さを吹き飛ばす、温かい励ましです。
2018年12月10日(月)
終日、後援会の役員さんに連れられて企業・お宅訪問をしました。

選挙を迎えるまでのこの時期は、嬉しいことを言われて舞い上がったり、逆に残念な話をきいて落ち込んだりと、一日の中での感情が最も揺れ動く時期です。今日も思いがけない方からとても温かく優しく言葉を掛けてもらい、目頭が熱くなりました。

こうした感情のひだがいくつも刻まれて行く事で、人としての器が大きくなっていくのだ・・・そのように信じています。

夕方、(一社)刈谷青年会議所のOB総会に出席しました。自席で料理を食べることはほとんどなく、先輩・現役メンバー多くの方に酒を注いで廻りました。ここでももちろん、舞い上がったり、落ち込んだりの連続です。
2018年12月9日(日)
朝8時、堀眼科さんの前で行なわれている[カリアンアサイチ]に出かけました。とても寒い朝ですが、いつもよりお客さんが多くいるように感じます。市外に住む知人も初めて来られて「うちの地元でもやっているけど、ここはミニコンサートがあるから魅力的で人が集まって来るね」と言っておられました。

確かに、このミニコンサードがないとお客さんも激減してしまうのではないかと思います。毎月出演者を手配し、運営・MCそして時には自らも出演と大活躍しているKariyarsの友澤さんには本当に感謝です。

その後、桜市民館で行われているボランティア団体チェリー主催の『クリスマス会』に出席しました。今回のアトラクションは、ウクレレしょうべいさんと、名古屋音楽大学金管バンド部の皆さんによる演奏です。

「嬉しさが重なったり、賑やかな様子を表す言葉として、『盆と正月がいっぺんに来た』と表現しますが、アトラクションのウクレレはハワイの楽器で夏(お盆の頃)の雰囲気、そして今この市民館の駐車場では餅つきが行なわれています。そしてこのクリスマス会ということで、今日この桜市民館は『盆と正月とクリスマスがいっぺんに来た』賑わいです。大いに楽しみましょう」来賓としてそのような挨拶をしました。

17年間のチェリー『クリスマス会』の中で、一番笑顔が溢れていたように思います。
2018年12月8日(土)
桜市民館で開催されている、いきいきクラブ桜区桜会の『年忘れお楽しみ会 』にお邪魔したところ、ご挨拶する機会を頂きました。

来年に向けての決意をお話ししたら、皆様から激励の言葉を沢山頂き、地元の皆様の暖かさに目頭が熱くなりました。

その場で12月26日(水)に総合文化センターで開催される石田氏の講演会のPRもしました。「市民が主役のまちづくり」のテーマで、11月29日に案城市でも開催された講演会が刈谷市でも開催されるのです。先日急きょ決まったため、花と蝶のパトロールと重なることと、PR不足が心配ですが、何とか盛況に開催したいと思っています。

ところで・・・このチラシの写真、小泉元総理みたいですね(笑)

皆様の声援に気を良くして、アピタ前とエルシティ前で街頭演説を行ないました。話す内容は12月定例会のことと、政党無所属議員としての政治姿勢や無所属であることの利点を話しをしました。

「息白く 心は熱き 辻説法」・・・実際は息は白くありませんが、凍えるような寒さでした。
2018年12月7日(金)
刈谷市議会12月定例会3日目。今日は5名の議員が一般質問に登壇した後、上程された議案について担当の部長から上程説明が行なわれました。

新海議員の質問の中で興味深い数字が出て来ました。平成22年度における70歳以上の単身高齢者数が1417人であったという数字です。

実は、私は先の9月議会福祉産業委員会において、平成27年度と平成30年度における70歳以上の単身高齢者数を聞いていました。それによると平成27年度1840人平成30年度2234人ということでしたから、その伸びは年を追うごとに加速度がついています。

先のタウンミーティングで「民生委員さんだけで単身高齢者をフォローしきれるか」といったご意見が出されましたが、この数字を参考にしてその点については委員会の中で問題提起したいと思います。
2018年12月6日(木)
刈谷市議会12月定例会一般質問2日目。今日は7名の議員が登壇しました。

終了後、委員会の質問に対する当局からの聞き取りがありました。今回は所管事務調査として、12月1日の日記に書いた通り・・・

1.民生委員の負担について
2.客引き行為等禁止条例について
3.不妊相談の開設について

の3項目を予定していたのですが、何と (@_@)3項目目の「不妊相談の開設について」の担当課はこの委員会ではないことが判りました。しかも当局に指摘されて・・

急きょ、「不妊相談の開設について」は同じ会派で市民文教委員会に所属している蜂須賀議員にお願いすることになりました。福祉産業委員会と市民文教委員会とで所管の変更があって以来、ど~もこの点は間違え易いのです(汗) 気を付つけなければ!
2018年12月5日(水) その2
午後1時から約40分間、一般質問無事終了しました。私の後援会の名誉会長である神谷武さんや、坂田先生がFbでの投稿を見て傍聴に来て下さいました。感謝です!

私の場合、一般質問の原稿は話す内容を箇条書きにしておいて、本番でそこに肉付けをするといったやり方をしていますので、後から振り返って「あ~、あそこであの言葉を言い忘れた」といったことが時々あります。

今回も質問の遣り取りには全く影響はないのですが、大切な言葉を抜かしてしまいました。それは先の身体障害者福祉協会の文化展に橋本真弓さんが出展して、社会福祉協議会会長賞を受賞した書に書かれていた「喜び」の言葉です。彼女にとっての「喜び」の意味に触れたかったのです。

その点だけが後悔の一般質問でした。
2018年12月5日(水)
現在朝7時10分。今日は名古屋中央卸売市場がお休みのため、いつもよりゆっくり起きて、後援会事務所でキーボードを叩いています。

今日から刈谷市議会12月定例会です。市長による議案の大綱説明が行なわれた後、議員による一般質問が3日間に亘り行なわれます。今回一般質問で登壇するのは18名、私は3番目となりましたから、今日の午後1時からではないかと思います。質問項目は・・・

1.依佐美地区工業団地の整備について
2.南北縦貫道路について
3.重度の障害者の支援について

ぜひ傍聴にお出かけ下さい。(写真は9月議会のものです)
2018年12月4日(火)
刈谷知立環境組合議会に出席しました。平成29年度の決算認定関係の資料の中に、[余熱ホール入場者数の年度別推移が載っていました。

余熱ホールは平成26年6月にリニューアルオープンし、それまでの市直営による運営から指定管理者による運営に移行しました。民間のノウハウを活用することで魅力が増し、年間利用者数は平成23年度には13万4759人であったものが、平成29年度には21万1546人と確実に増加しています。

リニューアル以前は施設内にお風呂があり、それをなくしてトレーニングジムなどを整備することに対して、一部に反対意見もあったのですが、トレーニングジムになってからの利用者の伸びを見てみると「トレーニングジムへの変更は正解であった」と思います。

写真は平成26年6月のリニューアルオープン式典の様子です。

夕方から、アピタ前で街頭演説を行ない、明日から始まる刈谷市議会12月定例会について報告をしました。

私が珍しく街頭を行なったせいで、途中から雨が降り始め、大降りになってところで中止に。これからは雨に降られないよう、頻繁にやりますよ!

改めて「政治の原点は辻説法にあり」です。
2018年12月3日(月)
来年の更なる飛躍に向けてこの度、桜区の前自治会長で、刈谷市自治連合会の元会長でもある面高俊文氏に神谷まさひろ後援会の会長にご就任頂くことになりました。

ここ数日は、その就任挨拶と私自身の決意をお話に皆様のところを訪問させて頂いています。先日は大村知事のところにも会派の会長である加藤賢次議員と共にご挨拶に伺い、知事から激励を頂きました。

尚、これまで20年間後援会会長をお努め頂いた神谷武氏には、名誉会長としてこれからもご指導頂けることになっています。

これからも皆様の期待に応えられるよう全力で頑張る所存です。変わらぬご支援とご指導を頂きますよう宜しくお願い致します。
2018年12月2日(日)
魚屋の仕事関係で来日していた取引先を見送るために成田空港へ。

少しだけ時間があったので、浅草の浅草寺にお参りに行きました。神谷バーにも行きたかったのですが、そちらは時間がなくてお預けに(涙)

浅草寺で引いたおみくじは「吉」

・悲しみや心配事がようやく消えることでしょう。
・名前を広めようとすれば、昔のように再び周囲に名を広められるでしょう。
・収入も地位も望みのままになるでしょう。
・良き主人にゆぐりあえ、序々に出世して行くことでしょう。

何だかワクワクするような事ばかりです・・・
2018年12月1日(土)
現在朝3時半。名古屋中央卸売市場に出かける前にキーボードを叩いています。12月定例会一般質問の原稿を書き上げましたので、次は所属する福祉産業委員会での質問原稿を書いています。

議案や補正予算案に対して質問が出来るほかに、刈谷市議会ではそれぞれの委員会が所管する全ての項目について所管事項調査として質すことが出来るのです。

何項目でも、何回でも、時間無制限で質問OK・・・ほかの自治体議会の状況を聞くと、これほど議員にとって恵まれた質問機会が与えられた議会はないようです。

今回その所管事項では・・・

1.民生委員の負担について
2.客引き行為等禁止条例について
3.不妊相談の開設について

の3項目を予定しています。
2018年11月30日(金)
刈谷市美術館で開催されている『絵画の作品展』に行って来ました。これは、ひかりの家を会場として行なっている絵画教室と、野田公民館を会場として行なっている絵画教室の2人の先生による合同作品展なのです。

作品を全て見渡して「子ども達が自由に伸び伸びと絵画や紙粘土での作品を作っている」といった印象を持ちました。2人の先生の作品も展示されており、松下講師の作品はブルーシートの上で絵を描いている子どもさんの絵でした。

実際の教室でもこうしてブルシートを敷いて、その上で自由に描かせているとのことでした。この作品展は12月2日(日)の午後3時まで開催されています。
2018年11月29日(木)
11月29日は「いい肉の日」といった感じですが、「いい服の日」でもあるそうです。

夜、「市民が主役のまちづくり」をテーマに元犬山市長の石田芳弘氏を招いての講演会を聞きに行きました。

23才の時に政治家を志し、愛知県議会議員、犬山市長、衆議院議員を歴任して、現在は至学館大学の特任教授をされておられます。

先生とは以前、大府市議会議員の大西氏にお誘いを戴いて、至学館大学の主権者教育の授業でパネラーをやらせて戴いて以来のお付き合いです。その石田氏から中央集権の日本の歪をいかに突破して、本来の地方自治を機能させるか、市民が主体の政治システムにするためにはどうすれば良いかなど、政治の世界に40年近く身をおき、裏も表も知り尽くした石田氏ならではのお話をして戴きました。

「大阪城は誰が作ったのか?」と言う問いに、「豊臣秀吉」ではなく「それは名もなき職人たち」と言えるよう、市民が主役のまちを作って行きたいと決意しました。

冒頭の話題に戻せば、今日11月29日は「いい福の日」と言えるような、実りのある講演会でした。
2018年11月28日(水)
刈谷駅周辺連絡協議会の役員会に出席しました。

議題の1つは、12月26日(水)に行なわれる花と蝶のパトロールについてです。年内最後となるこの回は、桜区との合同で、刈谷警察・市役所など100名ほどの大きな規模で5コースに分けて実施をします。

また、名古屋市で10月1日に指定された[客引き行為等禁止区域]に関することが参考資料として添付されていました。

[名古屋駅地区][金山地区][栄地区]の3地区について、「客引き行為」「勧誘行為」「客待ち行為」「勧誘待ち行為」が条例によって禁止され、違反者には5万円の過料が科されることがあり、あわせて名前や住所などが公表される場合もあるとのことです。

昨年の12月議会一般質問において私は「悪質ではないけれども、他人の店の前でお客をとるような営業妨害的な行為を抑制するといったことを目的とした、客引き禁止条例を制定する考えはないかどうか」を質問しました。

それに対する当局の答弁は「客引き行為等の禁止条例を制定することは、市内で最も飲食店等が集積している刈谷駅周辺の地域住民や通行人から客引き行為等に関する苦情を聞き及んでいないだけでなく、商業者の積極的な営業活動を阻害する側面もあることから、現時点では条例を制定する段階ではないと考えております」というものでした。

今回の名古屋市での指定を契機に、もう一度12月議会で議論をしてみようと思います。
2018年11月27日(火)
一般質問の内容についてそれぞれの担当課よりヒアリングを受けました。

一般質問については「通告をする」というルールになっていますから、昨日この日記に書いたように質問項目を期日までに通告すれば良いのですが、それだけですと質問がかみ合わなかったり、(特に詳細な部分について)期待しているような答弁が得られなかったりしますから、こうして当局に対してどういった内容の質問をするのか、事前にもう少し詳しく話をしておくのです。

今回の質問項目の内[依佐美地区工業団地の整備について]の項目は、私の後に2名の議員が同じ内容で質問をされるようです。どちらの方も、正に依佐美地区にお住まいの方ですから、地元故の深く掘り下げた質問になるのではないかと思いますので、そちらに期待して、私はその前段となる概要を聞くことにしたいと思います。
2018年11月26日(月)
刈谷市議会12月定例会一般質問の通告が正午で締め切られ、午後1時から議長室において質問の順序を決める抽選が行なわれました。今回一般質問で登壇するのは18名、私は3番目となりましたから、本会議初日12月5日(水)の午後1時からではないかと思います。質問項目は・・・

1.依佐美地区工業団地の整備について
2.南北縦貫道路について
3.重度の障害者の支援について  

夜、大村愛知県知事の政経セミナーに出席しました。

大村知事は生物多様性条約第14回締約国会議(COP14)出席のためエジプトに行っておられ、約22時間飛行機を乗り継いで今朝セントレアに到着したばかり、その状態で公務をこなし、夜はこうして自らのセミナーを開催するのですから、そのバイタリティは本当に凄いと思います。

いつものように会場は超満員。この場でしかお会いできない方に久しぶりにお会いしたり、新たな出会いがあったりと、私にとっても意義のある時間となりました。
2018年11月25日(日)
今朝は、桜市民館駐車場で行われた桜区資源回収のお手伝いと、その隣の神明公園での子ども会花植えから一日のスタートです。

始めた時は肌寒かったのですが、終わった時には、心も身体もほかほかです。

刈谷市では新聞紙・雑誌・ダンボール・布・アルミ缶・スチール缶の回収に対して1Kgあたり6円(事前に年間計画を提出した場合には7円)の報償金を出しています。回収量は刈谷市全体で年間3132t、報償金の合計額は2100万円となり、この報償金が地区での様々な活動資金になっていますから、ごみ減量化の取り組みであると同時に、地域活動の活性化にも繋がり一石二鳥どころか、何鳥にもなるとても良い事業だと思います。


その後、刈谷市総合文化センター大ホールで開催されている竹内舞踊研究会主催の『50周年 舞踊まつり』に出かけました。

来賓の大見代議士が、被災地での例を引き合いに出して「音楽や舞踊は人々の心に元気をくれる」と言われましたが、全くその通りだと思います。
2018年11月24日(土)
初当選以来行動を共にして、現在も同じ会派に所属している蜂須賀議員の役員総会・懇親会に呼んで頂き、挨拶をさせて頂きました。蜂須賀議員は来年7月に行なわれる刈谷市議会議員選挙において再び立候補する決意表明と、私は次なるステップに向けて歩を進める決意表明です。

懇親会では、三河万歳・フォークのミニコンサート・舞踊・マジックショー・カラオケと盛り沢山の演出に会場が一つになって盛り上がりました。

役員さんだけの集まりで、藤田屋さんの大宴会場満席の人数と盛り上がりがあるのですから大したものです。蜂須賀さんの選挙での強さの秘訣が判ったように思います。流石、蜂須賀議員、大したものです!

夜、安城学園高校の元校長坂田先生が主催している『おいしいものを食べる会』に出席しました。会場は安城のデンパーク。毎月開催されている会ですが、今回も国会議員・市議会議員、音楽・スポーツ・芸術などで活躍しておられる皆さん、教育に携わる皆さんなど、坂田先生のお人柄に魅せられて約60名の参加で盛り上がりました。

この会場でも、 私は次なるステップに向けて歩を進める決意表明をさせて頂きました。(写真の皆さん、全てが新たな挑戦に向けての決意発表をされました)
2018年11月23日(金)
今日も日頃お世話になっている方々への挨拶訪問を数箇所行いました。毎回選挙前のこの時期のこうした活動は喜怒哀楽があり、また、自信過剰になったり、自己嫌悪に陥ったりと感情の起伏が激しくなる時です。

しかしこうしたことがあるからこそ、心が鍛えられ、器が一回り大きくなるのだと信じています。今日も嬉しい出会いが沢山ありました!

夜は、西三河カウントダウンイベントの実行委員会に出席しました。イベントの中身とタイムスケジュールがほぼ確定しました。議事を進行する坂田先生と、指名を受けてそれぞれのイベント内容を発表する担当者のやりとりは絶妙で、とてもレベルの高い会議といった印象です。皆さん、素晴らしい!
2018年11月22日(木)
午前中は、安城学園高校の元校長で、現在は一里山地区の地区長を務めておられる坂田先生らと一緒に、[西三河願いごとカウントダウンフェスタ inデンパーク2019]の協賛金お願いのため企業廻りを行ないました。

予算規模としては600万円ほどのイベントですが、公的な支援は全く受けておらず、企業からの協賛金とチケットの販売だけで賄っていますので、財政的には結構厳しいのです。

[特別な新年の幕開け]を花火・第九の合唱・ミュージックライブ・フードコートなどで盛り上がるデンパークで盛り上がりましょう!

昼間はここ数日と同様、日頃お世話になっている方々への挨拶訪問を数箇所行いました。

そして夜は、市民ボランティア活動センターで行われた[わいがや井戸端会議]に参加しました。今日は主に「自治会のあり方」をテーマにわいわいがやがやと話し合いです。この席でも坂田先生とは一緒でした。市民運動を一生懸命やっておられる先生ですから、こうした場には必ず参加しておられます。

家族といる時間より、坂田先生といる時間の方が長いかもしれません(笑)実は、今の予定では明日も明後日も、ご一緒する予定が入っているのです。
2018年11月21日(水)
水曜日は名古屋中央卸売市場が休市ということが多いのですが、今週は23日が祝日で休市となるため、今日は市場の開いている水曜日です。しかしこうした日は入荷量も少なく、開店休業といった状態です。

今日も日頃お世話になっている方々への挨拶訪問を数箇所行いました。激励をして下さったり、お叱りを戴いたりと様々ですが、もう後戻りは出来ません。兎に角、前に進んで行くだけです!

午後3時半から1時間ほど、あるお得意様が開催する[取引先の集合教育]に出席しました。これからの時期、気をつけなければいけないのは「ノロウイルス」です。

そしてお得意先の構内における事故やオイル漏れといったトラブル・ミスに対する対応についても厳しく指導して戴きました。会社に帰って早速、従業員に徹底を図ります!