東陽町ホンネの日記

2018年1月17日(水)
午前中、会派のメンバーと共に、先日開催したタウンミーティングの際に参加者から戴いた要望・質問・意見の検討会を行いました。

当局に要請すれば直ぐに解決すると思われる項目は、直ぐに当局にお願いをして、多様な意見がある故、当局の考え方も含めたしっかりとした議論が必要だと思う項目については、次回3月定例会の一般質問において取り上げることにしました。

タウンミーティングで出された意見が、本会議と言う公式の場で取り上げられることが重要であると思っています。

夜、JAあいち中央の役員の皆さんと、我々会派メンバーとで[刈谷市農業問題協議会]を開催して、刈谷市における農業の課題について勉強会を行いました。

ちょうど先日のタウンミーティングにおいて[依佐美地区の工業団地]について話をしましたので、JAの皆様ともそのテーマについて話をしました。当然のことながらJA役員の立場としては「賛成」といったことではないようですが、この事業のキーワードは「バランス」と「環境」だといった感じがしました。

商・工・農のバランスの取れたまちづくりであり、周辺の環境に十分配慮をした開発整備が必要であるということだと思います。