東陽町ホンネの日記

2018年3月3日(土)
午前中、刈谷青年会議所(JC)時代にお世話になった先輩の葬儀に参列しました。つい先日市役所でお会いしたばかりでしたので、訃報に接して驚きました。地元の同年会で温泉旅行に行かれ、その地で亡くなられたとのこと。

100名山を全て踏破し、現在299の山に登られ、次は区切りの300だと張り切っておられるほど日頃から身体を鍛えておられただけに、そのことが仇になってしまいとても残念です。ちょうど私とは一回り違う70歳。心からご冥福をお祈り致します。

午後からは桜公民館の芸能発表会に出かけました。「皆さんの舞台を見て、声援を送るつもり」で出かけたのですが、促されて急きょ舞台に上がることになってしまいました(@_@)

フラダンスを踊ったあと、舞台衣装に着替えカラオケ[イヨマンテの夜]のバックで篝火を振る役、そしてその次は、何と[チャンチキおけさ]を神谷会長と共に歌ったのです。

会場ではこの[チャンチキおけさ]に合わせて皆さんが[炭坑節]を踊っておられます。違う曲なのになぜかこれがピッタリ合うのです。最高齢の鈴木さんは90歳。年を感じさせない歌声で本当にお元気です。

歌ったり踊ったり・・・これが若さと元気の秘訣ですね!