東陽町ホンネの日記

2018年2月23日(金)
刈谷市美術館で行われている『愛知教育大学 卒業・修了制作展』を見て来ました。

会場には作品を作られた学生さんもおられ、制作の苦労話や進路・出身・刈谷市の感想などを聞くことが出来ました。(「ライオンに跨って写真を撮って下さい」とのことです)

私「愛教大の学生さんには、刈谷駅前のイルミネーション作成でお世話になったんですよ」 学生「そうです。私も1年生の時に作りました。イルミネーションと言うから単に電飾を付けるだけかと思ったら、構造物から作ったのでビックリしました。その後のカリアンナイトにも行きましたよ(笑)」・・・刈谷駅前の商店街と愛教大生は結びつきが深いのです。

お話を伺った方は偶然にも全員「この春から中学校の美術の先生になる」とのこと。刈谷市にある唯一の大学、愛知教育大学での学問と経験を生かして、立派な先生になられることを祈っています。

作品展は2月25日(日)午後2時半まで開催されています。