東陽町ホンネの日記

2018年4月6日(金)
刈谷駅周辺で行われた[春の交通安全オープニングキャンペーン]に参加しました。刈谷警察署・刈谷市職員・刈谷市議会議員・地元企業・交通安全関係団体などが参加して、敷島製パンさんが提供してくださった[白あんパン]3000個を配付して、駅利用者に交通安全を呼びかけました。

毎年配布するパンには何らかの語呂合わせがあり、今年はなぜ「なぜ白あんパンか?」と言うと「横断歩道は注意しろ! あんぱん」だということです。

愛知県での交通死者数は昨日までて48名。残念ながら全国の都道府県では埼玉県・千葉県に次いでワースト3となっています。こうした地道な活動が少しでも交通事故の抑止に繋がってくれたらと願っています。