東陽町ホンネの日記

2018年5月7日(月)
GWも終わり今日から平常通りと張り切っていたのですが、残念ながら終日雨降りとなってしまいました。こんな日は「晴耕雨読」ならぬ、「事務作業」をと言うことで、先のタウンミーティングで戴いた意見(アンケートに書かれていたものも含む)を整理してみました。

・道路の「止まれ」などの文字や線が不鮮明
・道徳教育はどのように評価するのか
・市民館の事務局体制を充実させて欲しい
・街区公園にも芝生を
・総合型スポーツクラブへの金銭的な支援継続を
・道路の軽微な修繕をもっと迅速に
・亀城公園の池の浄化を
・都市間競争時代における「魅力創造」を戦略的に
・防災対策が不十分→避難所(広域・福祉・帰宅困難者)の不足
・消費者センターが出来たことで市民の活動が縮小してしまった
・歩道の整備推進
・部活動の時間削減には反対
・刈谷城再建はあくまで伝統的な工法で行うべき
・刈谷城再整備には反対
・刈谷城再整備を早く進めて欲しい
・刈谷城再整備→石垣と櫓だけでは魅力に欠ける→更なる魅力を加味して
・防災対策を協議する場の設置(市・社協・自治会・NPO・ボランテイアなどの合同)
・公共施設連絡バスの充実とコース見直しを
・『特色のある市』になって欲しい
・公共施設連絡バスを有料に(受益者負担)
・刈谷球場を移転新設
・総合文化センター大ホールが予約しづらい

あたりまえのことですが、一つの事柄に対して賛成の意見もあれば反対の意見もあります。今後これらを整理して来たる6月定例会の一般質問や委員会質問、微細な事柄は市担当者への直接要望といった形で届けて行きます。