東陽町ホンネの日記

2018年4月28日(日)
朝5時、重原市民館で行われた(一社)実践倫理宏正会の会創立72周年記念の朝起き会に出席しました。

本来、市原稲荷神社での開催予定だったのですが、今日になって急きょ重原市民館に会場を変更しなければならなくなったのです。朝の5時から100名近い方が参加する会場を、直前になって変更するというのは大変なことです。

本会の教えに「現実大肯定」と「苦難福門」という言葉があります。これは苦難や苦痛、トラブルなどに対して動揺することもなく、起きている出来事を「よし」として受け止め、直ぐに対応して乗り越えることにより、その苦難や苦痛が結果的には福を招くことになるといった教えです。

今日はその学びを見事に実践された姿勢に心から敬意を表したいと思います。流石の対応力だと感心しました!