東陽町ホンネの日記

2018年2月2日(金)
刈谷市・知立市・高浜市・東浦町の3市1町で構成する衣浦定住自立圏の主催による[衣浦定住自立圏共生ビジョン推進講演会]に出席しました。

演題は「人口減少時代を見据えたまちづくり」です。定住人口や交流人口を増やすキーワードとして「子育て支援の充実」「魅力的な景観形成」「着地型の観光」「DMO」「BID」「エリアマネージメント(まちづくり会社)」「都市再生推進法人」と言った言葉が出て来ました。

これらのキーワードは、これまでにも一般質問で取り上げたり、先進市の視察により勉強してきた事柄ですが、今日はそれらの施策を刈谷市のまちづくり、具体的には[刈谷駅前線]や[刈谷市駅から亀城公園周辺]での整備に用いることを、おぼろげながらイメージすることが出来ました。

講演会のタイトルの通り「ビジョン推進するため」には、非常に有意義な講演会であったと思います。