東陽町ホンネの日記

2018年2月9日(金)
3月定例会の議案について市当局から我々議員に対して事前に説明をする[会派説明]が行なわれました。今回の議案は報告案件3件、単行議案2件、条例議案13件、予算議案11件の合計34件です。(写真は歴史博物館のイメージです)

新規の事業としては・・・

・茶屋川公園整備事業→井ケ谷町 約2500㎡
・市街地整備調査推進事業→小垣江町北部地区 約55ha
・刈谷市駅前市街地再開発事業→広小路ほか 約18ha
・歴史博物館開館等準備事業→平成31年3月下旬頃開館予定 
             ①オープニングイベントの実施
             ②文化財資料等の移設
・歴史博物館企画展開催事業→開館記念「初代藩主・水野勝成展(仮称)」を開催
・特別支援学校運営事業→4月に開校
・刈谷球場電光掲示板改修事業→改修するための実施設計
・特定求職者雇用支援事業→高齢者・障害者・母子家庭など就職困難者の雇用機会  
 拡大
・企業立地推進事業→依佐美地区の第2期開発の基礎調査
・行方不明高齢者等SOSネットワーク事業→徘徊の恐れのある方に対する情報提供
 体制強化
・高齢者緊急一時保護居室確保事業→虐待などを受けている高齢者の緊急一時保護

などです。「刈谷市は財政的に恵まれているので、様々な分野での新規事業を積極的に打つことが出来て、施策が本当に充実しているなぁ~」と改めて感じます。

刈谷市議会3月定例会は2月15日から開会されます。