東陽町ホンネの日記

2018年3月8日(木)
福祉産業委員会・予算審査福祉産業分科会が開催されました。予算案の中から2つの事業を紹介しますと・・・

1.依佐美地区の工業団地(昔の無線鉄塔跡地周辺です)の事前申し込みが始まります

刈谷市では企業立地を推進するために依佐美地区に工業団地約58haを整備する計画があります。そのうちの先行開発区域約15haについては、いよいよ5月8日から愛知県企業庁による工業用地立地エントリーの受付が始まります。 

また、第2期開発検討区域の約43haについても基礎調査が始まるということでそのための予算が計上されました。

先日のタウンミーティングでは「区域内へ緑を増やして」といった要望が出されましたが、その点については「工業団地の外周に約10mの緑地を整備するとともに、鉄塔跡地を緑地として保存する」といった回答が本会議において当局よりありました。

2.高齢者交流プラザ(ひまわり)の駐車場を増設します

ひまわりの西側、道路を挟んで現在も駐車場として整備されている場所の北側を拡張するのです。駐車台数は47台、土地は借地として、路盤や柵の工事なとで3000万円が計上されています。農地転用などの手続きの関係で、供用開始は今年の秋頃の予定です。