東陽町ホンネの日記

2018年3月17日(土)
笠寺の日本ガイシホールで行なわれた(社)実践倫理宏正会の『東海地区支部設立53周年記念式』に出席しました。

開式予定時間は午前9時にも拘らず、既に8時には会場8000席誰一人欠席がなく、咳払いの音は聞こえても私語は全く聞こえず、予定より15分早く開式となりました。来賓挨拶も、大村愛知県知事のほか、岡田代議士・古屋代議士・棚橋代議士・田村代議士などその多くが大臣経験者です。

また、アリーナ席の女性は全て着物での参加です。皆さんそれぞれの地元で朝5時前から行われた朝起き会に出席した後、この大会に臨んでいますから、着付けをしたのはその前の時間ということですね。改めて「本当に凄い会です!」

会長先生のご挨拶の中から、単に「家族である」だけでなく、真の絆で結ばれた「家族になること」の大切さを学びました。「良い話しを聞いた」で終わらせるのではなく、会の名前にある通り「実践」することが大切ですね。