東陽町ホンネの日記

2019年1月31日(木)
期日前投票に行って来ました。そして「雨が降り出す前に・・」との思いで、桜区の皆さんへリーフレットを配って廻りました。ピンク色の紙に書かれた「桜区の皆様へ」という手紙を添えて、名付けて「桜満開作戦」です(笑)

午後から、和太鼓Sineさんがオープニングのイベントに出演するということで、コンビニのリニューアルオープンに参加しました。生憎の雨模様ですが、かつなりくんや刈谷警察からはミニ白バイも来ており、民間店舗の開店イベントに行政や警察がこうした関りをするのだと、少し驚きました。

これはコンビニが、警察・自治体・地域の皆様と協力し、地域の安全・安心なまちづくりの拠点として防犯・防災、女性・子供の駆け込み対応、高齢者・体の不自由な方への補助、青少年環境の健全化などに取り組む「セーフティステーション活動」に参加しているからだそうです。
2019年1月30日(水)
神谷まさひろ後援会事務所では[リーフレット]と[まちづくりフォーラムのチラシ]をセットして郵送と手配りをする準備作業をしています。

4月の挑戦については既に多くの方が知っておられ、応援して下さっている市議会議員さんを通じてリーフレットも配られているのですが、長年コロンブスレポートをお届けしていた方々には、きちんと私の方からリーフレットをお届けするのが礼儀だと考えています。

添えた手紙に「2019年1月吉日」となっていますので、本当は明日までには届けなければいけないのですが・・・難しそうです(涙)

午後からは、刈谷商工会議所などの主催により開催された『イノベーションセミナー・賀詞交歓会』に出席しました。

第1部についてこれまでは『新春講演会』と銘打っていたのですが、今年度より事業経営の「新しい切り口」「新機軸」を創造するために経営者の方を対象にした『イノベーションセミナー』として開催されました。講師は(株)龍角散の代表取締役藤井隆太氏です。

そして第2部の賀詞交歓会では、普段はFbなどでやりとりしている方や、数年ぶりにお会いする方などと会話を交わすことができ、チャレンジすることに対しての励ましなども頂き、非常に有意義な時間を持つことが出来ました。
2019年1月29日(火)
午後7時半より一ツ木市民館において大村ひであき知事候補者の個人演説会を開催しました。

応援弁士は前安城学園高校校長の坂田成夫氏、元刈谷市自治連合会会長の面高俊文氏、そして私ども刈谷市議会無所属議員の会のメンバーが務めました。私も弁士としては最後の登壇で、「大村知事は大きなビジョンを掲げ、その目標に向かって前進し結果を出していく有限実行の政治家であること」「愛知県の産業力を高め雇用を生み出し、その恩恵を教育や福祉にもバランス良く配分していること」といった主旨で話をさせて頂きました。

大村知事候補は「刈谷特別支援学校」「名古屋三河道路」「名古屋岡崎線」「419号線の高浜での立体化」「刈谷北高校と豊田自動織機のグランド交換」など地元のことを中心に約25分間も熱弁をふるわれ、一緒に来た陣営スタッフも「これだけ長い時間話をしたのは今回の選挙では初めてだ」と驚いておられました。

地元出身の知事にとっては、客席に知り合いも多く、皆さんの声援が嬉しくてついつい長くなったのではないかと思います。我々にとっても地元から知事が出ているというのは嬉しいことですね。

寒い中ご出席下さった皆様に心から感謝申し上げます。
2019年1月28日(月)
今朝の中日新聞県内版『あいち知事選 私が推します』のコーナーに、知事とは西尾高校時代の同級生である杉浦広氏の言葉が載っていました。

「高校時代の大村さんはとにかく頭が良かった。1年生の1学期から3年生の3学期まで、ずっと学年1位の成績だったと思います。それでいて学力をひけらかすようなことはなく、慕われていましたね。」

「高校時代から、東京大学に進学して官僚になり、政治家になるという進路を決めていました。その後はその通りに東大に行き、農林水産省に勤め、衆議院議員になって今は知事をやっている。有言実行ですね。」

当時この話は私のいた刈谷北高校まで轟いていました。「西尾高校に大村あり」と。そのため私が高校時代に付けていた日記の中には、他校の学生である大村さんの名前が3回も出てくるのです。

今の知事を見ているとあの頃のまま、愛知県を日本一元気な県にするための様々なビジョンを示し、その実現に向けて正に「有限実行」・・・素晴らしいリーダーだと思っています。

その大村知事候補の個人演説会が、明日1月29日(火)午後7時半より、刈谷市一ツ木市民館で開催されます。駐車場はお近くのすぎた酒店様の駐車場もご利用頂けます。多くの皆様のお越しをお待ちしています。
2019年1月27日(日)
神谷まさひろ後援会主催による伊勢神宮への初詣バスツアーを行いました。

昨夜からの雪の影響で高速道路は[鈴鹿~津]の間で通行止め、そのために一部区間では一般道を走ることになり、全体のスケジュールの中では外宮への参拝を取り止めることになってしまいましたが、それ以外は概ね順調で天候も良く多くの皆様と懇親を深めることが出来ました。

昼食会場では、4月の挑戦に向けた決意を述べ、多くの方から「頑張れ」の励ましを頂きました。今回は応援して下さっている市議団の中から加藤賢次議員も参加して下さり、乾杯の発声において「今まさに 広(ひろ)げる時だ 支援の輪」という、私の名前「まさひろ」を織り込んだお洒落な川柳を披露して場を盛り上げて下さいました。

その後、小学5年生の天才ギターリストみことちゃんによるミニコンサートでは、私も3曲バックで演奏をし、多くの皆さんから「今回は完璧だったね」「上手になったね」とのお褒めの言葉を頂きました。

その席でみことちゃんは「今年中にプロになる」との宣言をしました。みことちゃんにとっても大きな「挑戦」です。

今日皆様から頂いた励ましを胸に、私自身も大きな「挑戦」に全力で挑んで行きたいと決意を新たにした伊勢神宮への参拝でした。皆様、ありがとうございました。
2019年1月26日(土)
上田議員が中心になって運営している桜市民館での子ども食堂=「ほっとライス刈谷」に出かけました。

想像していた以上に多くのスタッフと子ども達で行われており、餅つきを少しだけやらせてもらいました。この後、2階のホールで二胡の演奏を聴きながらの食事タイム、少し早い豆まきも行われ、季節のイベントを取り入れ子ども達もその親御さんも楽しめる運営がされていました。

この会の会長は、その昔何度も腰痛を助けて下さった鍼灸師の三浦先生です。「応援しているから選挙頑張ってね」の言葉と共に「当選後はこの会場で星野議員と共に[まささんず]として出演して下さいね」と言われました。子供向けの曲を練習してぜひそうしたいと思います。

その後、総合文化センターで開催されている日本舞踊 藤間流 藤貴会の『新春の舞』に行きました。先生のご出身である「京都」をイメージさせるような、新春らしい華やかな舞が披露され、思わず学生時代を思い出しました(笑)

終了後、予想しなかったような嬉しい出来事がありました。知り合いの方が10名ほどおられ、全ての方が「リーフレットを○○議員からもらって立候補のこと聞いているよ。頑張ってね」と仰って下さいました。私の知らないところで○○議員が宣伝をして下さっているのです。本当に感謝です。

そしてその方の友達に名刺を渡すと、その周辺におられた方が次々に「私にも名刺をちょうだい」と言って大勢の方が名刺を貰って下さいました。

藤貴会のモットーは「継続」と「一生懸命」です。一生懸命やっていると人が応援して下さいます。これからも「一生懸命」を「継続」して頑張ります!
2019年1月25日(金)
今日は2つの行事のご案内です・・・

「日本一元気な愛知」「人が輝くあいち」大村知事候補の刈谷市における個人演説会を、1月29日(火)午後7時30分から、一ツ木市民館において開催します。駐車場は酒のすぎた様の駐車場もご利用頂けます。

もう一つは、無党派・市民派議員と歩む刈谷市民の会主催による第1回まちづくりフォーラムが『市民が主役のまちづくり~地域の未来をみんなで創る~』をテーマに、2月24日(日)午後3時から刈谷市総合文化センター401・402号室で開催されます。

司会は会の代表であり前安城学園高等学校校長の坂田成夫氏。パネラーとして私も議論に加わらせて頂きます。市議会議員としての5期20年の経験を下に、自らの反省も交えながら議論をしたいと思っています。

尚、当日は同じ施設の大ホールにおいて刈谷市の市民大学講座があり、[武士の家計簿]などで有名な磯田道史が講演されます。本来この講座は今週の月曜日(1月21日)に開催予定であったのですが、磯田氏がインフルエンザに罹ってしまったためこの日に延期になったものです。

駐車場の混雑が心配です・・・
2019年1月24日(木)
朝一番、刈谷駅前にて大村知事の街宣活動のお手伝いです。

いつも同じ表現になってしまうのですが、「大村知事は本当に凄い! 元気でバイタリティーがある」高校時代からよく存じ上げているのですが、兎に角「有限実行」で、そのための努力を惜しまない方です。「日本一元気な愛知」のお手本です。

夕方、刈谷まちづくり市民会議[第2回刈谷大人の学校]に出席しました。今回のテーマは「地域福祉を考える」と言うことで、講師は安城市社会協議会の吉村了子さんと、日本で一番有名な町内会長の安城市城南町前町内会長の藤野千秋さんのお二人です。

藤野さんは自ら住む町内の住民の生活環境を全て把握するための「支え合いマップ」を作成して、認知症高齢者がいる家庭、ひとり暮らしの高齢者、発達障がい児とその家族、視覚障害世帯などの福祉課題解決に向けて、町内の世話焼きさん達と共に住民感覚での地域づくりを目指し、これが「住民の困りごとに対応できるまちづくり」として、全国に脚光を浴びました。

安城市では町内会が79あります。一方刈谷市では自治会は23、人口は安城市が2割ほど多いのですが、この人口と自治会(町内会)の割合を考えれば、安城市はいかにキメ細かい自治運営がされており、その点が今後の地域福祉や地域防災を考える際のポイントになるのではないかと思いました。

質疑応答でも非常に良いやり取りがあり、とても勉強になった研修会でした。
2019年1月23日(水)
刈谷市美術館では今日から1月27日(日)まで『第19回 ちびっこ絵画展』が開かれています・・とのご案内を頂いたので、早速行って来ました。ところが・・・スタートは今日の12時からということで、開催前でしたが同じように間違えて来館されていた方々もおられましたので、特別に見ることが出来ました。

この絵画展には刈谷市内の公私立保育園17園の全ての園児の絵が展示されています。これは絵を描く時間やテーマを設けて描いた絵ではなく、子どもたちが自由に描きたい時に描いた絵=その時の思いが描かれています。魚屋の私としてはこの写真の絵がコメントと共に気に入っています(笑)

午後からは『第62回刈谷市児童生徒理科研究発表会』に出席しました。先週の土曜日に中学生の部が行なわれていたのですが、出席することが出来ずにいましたので、今日は特に楽しみにしていました。

日常生活の中で感じる疑問をテーマにして、仮説を立てて実験を行い、導き出された結果から再び次の疑問、そして検証実験といった理論的な組み立てがどの学校もしっかりしており、素晴らしい発表ばかりでした。

「理科研究の刈谷 ここにあり」といった感じです。
2019年1月22日(火)
今日もリーフレットを持って知り合いの企業を訪問しています。そうした中、応援して下さっている市議の仲間から「リーフレットが無くなりそうだから、追加が出来ますか?」との問い合わせが入りました。

「え~! 先日あれだけ沢山持って行って下さったのに、もうなくなるとは」・・・どうやら私以上に廻って下さっているようです。本当にありがとうございます。仲間の応援に助けられています。

夜、あいち中央農業協同組合役員さんと毎年行っている[刈谷市農業問題協議会]に出席し、「最近の農業・農協を取り巻く情勢と課題」「JAあいち中央の自己改革の取り組み」といったことについて、密度の濃い議論をすることが出来ました。
2019年1月21日(月)
午前中はご支援頂いている会社へリーフレットを持っての訪問活動。想像していた以上のリーフレットを配って下さるとのことで、驚くと共にとても感謝しています。

その後、美容あいち刈谷支部さんの新春講演会・新年会に出席しました。講師はトランスジェンダーのタレント西原さつきさん、「自分らしく」をテーマにした講演です。生きづらさを抱えるLGBTの問題をテーマに取り上げるとは・・時代のテーマに敏感な流石中村支部長です。

「今年は元号も変わり、[新しい]とか[変化]がキーワードになる年です。皆様の仕事は髪型を変えて新しい自分になることを応援する仕事で、正に今年にぴったりの仕事です。そして今年は選挙の年でもあります。ぜひ新しい時代に新たな県議を・・」と来賓挨拶で少しだけPRをさせて頂きました。
2019年1月20日(日)
知立の藤田屋さんで行われている竹内舞踊研究会『舞初め』にご招待を頂きました。

稽古をしている市民館のある地区長・公民館長・市議会議員が毎年来賓としてご招待を頂くのですが、桜市民館での教室はなくなってしまったにも拘わらず、こうしてご招待頂けることに感謝です。毎年、楽しみにしています!

日曜特売で開店前からお客さんが並んでいると言う事をお聞きしていたので、今朝はヤオスズ小垣江店前で街頭演説をやろうと計画していたのですが、雨のために中止してしまいました。

目標通り出来なかったことへの焦り・欲求不満が今日一日ずっと心に残っていましたので、夕方からはその代わりにエルシティ前で街頭演説を行いました。4名の方に声を掛けて頂きました。中には、わざわざ車を止めて降りて来られ「県議選のことは、星野議員・上田議員・鈴木議員から聞いているよ。応援しているから頑張ってね」と3名もの名前を出して下さる方もおられました。

応援して下さっている市議団のおかげで、「浸透している」手ごたえを感じます。
2019年1月19日(土)
今日は暖かな陽気で絶好の街頭演説日和です。先ずはピアゴ東刈谷店へ。すると黄色の法被姿の方数名がお客様に何かを配っていました。「何かの営業かな?」と思いながら近づいて行くと、刈谷市の選挙管理委員さんと担当の市職員の皆様でした。

愛知県知事選挙の投票啓発をしているところでした。「神谷さん、今から街頭演説ですか? 私たちと一緒にやると、私たちが神谷さんの応援をしているように誤解されてしまうので、私たちはあと少しで終わりますから、それから神谷さんは初めて下さい」とのアドバイスを受け、彼らが終了後に約40分間行いました。

終了後は、ヤオスズ小垣江店へ。先日社長さんにお許しを頂き、店舗の入り口の所でやらせて貰う事が出来るようになりました。星野議員も応援に駆けつけて下さり、地元議員と共に初めての場所で気持ちよく約1時間行うことが出来ました。許可をして下さった社長様とその道を付けてくれた上田議員、一緒にやってくれた星野議員に感謝です。
2019年1月18日(金)
リーフレットが完成したことによって、最近はリーフレットを配る活動が中心になってきたため、街頭演説を行う時間がありません。体が2つ欲しいくらいの忙しさです。疲れていますけれど、毎日が充実しています。

先月札幌で起きたスプレー缶による爆発事故をきっかけに、刈谷市でもスプレー缶の処理方法の変更を検討しています。

これまでは「スプレー缶の処理時に穴をあける」ことになっていたのですが、私の事務所のある桜地区ではモデル地区として、2月から来年の4月まで試行的に「穴をあけず」回収箱に入れることになりました。

詳しくは、刈谷市ごみ減量推進課 減量・収集係(0566-21-1705)まで
2019年1月17日(木)
今日から愛知県知事選挙がスタートし、安城で行われた大村ひであき候補の出発式に出席しました。候補者が決意表明の中で語った「とにかく動く・動く、そして前に進める。そのためには人だ」・・・大村氏の県政運営を特徴的に語っている言葉だと思います。

その話の中で、刈谷北高校のグラウンドと豊田自動織機のグラウンドを交換する話が出て来ました。その目的と概要、経緯、今後の予定など、かなり細かく語って下さいました。しかもその話をしている時間の3分の2ほどは、間違いなく私の方を見て、目を合わせて語っておられました(アイドルのコンサートなとで観客が「アイドルが自分の方を見てくれていた」と言うのと同じかもしれませんが・・・(笑))

私が刈谷北高校出身ということを知事はご存知のはずですから、間違いないと思います。何度も頷きながら聞いていました。

バイタリティー溢れる大村知事! 同じ年として負けてはおられません!
2019年1月16日(水)
後援会入会リーフレットを持って知り合いの企業を廻っていると、支援して下さっているある議員さんから電話が入りました。

「JA年金友の会カラオケ部さんが新年会をやっているとの情報が入ったので挨拶に伺おう。大至急○○に来て」・・急きょその会場に直行しました。

その会場に入ると一緒に行って下さった市議は「○○ちゃん、○○ちゃん」と皆さんから呼ばれて大人気です。その市議はいつの選挙でも大量得票をしておられるのですが、その人気の秘密が判ったような気がします。兎に角、愛嬌が良いのです。

かつて経営の神様松下幸之助氏は、新入社員を選ぶ際に「運と愛嬌があるかどうか」をポイントに挙げておられたとのことです。彼がその会場に入った途端に場の雰囲気がパッと明るくなりました。情報を聞きつけて直ぐにその会場に出向く行動力と、皆を明るくさせる愛嬌の良さ・・・ぜひ見習いたいと思います。

そして私も4月に向けての挨拶をさせて頂くと共に、デュエット曲を一曲歌わせて頂きました。
2019年1月15日(火)
4年に一度この時期になると、日々の出来事や人との出会いに一喜一憂、嬉しいことを言われて舞い上がったり、厳しい話を聞いて落ち込んだり・・・こうして心が鍛えられて行きます。

刈谷駅南口みなくる広場で[Street Collaboration Live(通称=ストコラ)]を主催している高田さんが嬉しい文章をフェイスブックにUPしてくれました。

ストコラにはみんなから「まーくん」と親しまれている大人の方がいます。政治家でありますが、看板にはせず、若者の目線で気さくにみんなと仲良くしてストコラに溶け込んでいます。

活動の上で、僕の気持ちが滅入ってしまいそうなとき、この方の言葉に幾度となく救われました。話すと長くなるので、ここまでで心に留めておきます(笑)本人は気づかれてないかも知れませんが、他にも同じように感じている方もみえます。


政治家としてではなく、僕はこの方の人情深さに惚れ込んでいます。なので政治家としてだけではなく、「頑張るまーくん」を応援しています。

若い子と同じようにギターを始めて、若い子と同じようにステージに上がるときに震えながらも最後まで演奏する。肩書きなど捨てて、人前で恥をかく勇気を出せる大人は世の中に一体どれだけいるのでしょうか。

幾つになっても挑戦する姿と、それによって若者の気持ちを理解しようとする姿勢、見習うべきですね。子供も大人も、その身を持って学べる場所で在りたいですね😊

よっち、ありがとう。暫く忙しくてストコラには参加出来ませんが、桜の咲く頃に私自身別の花を咲かせて、再びストコラのステージに立ちたいと思います。練習不足と緊張で指を指を震わせながら・・・(笑)
2019年1月14日(月)
神谷まさひろ後援会入会案内(リーフレット)が完成しましたので、支援して頂いている皆様の元にお届けに伺っています。

これまでの市会議員選挙に比べて10倍の票を取らなければいけない選挙ですが、大きな政党や組織がない代わりに、こうした一人ひとり、一枚一枚の積み重ねが大切です。

「大きな力」vs「個人の力の結集」です!
2019年1月13日(日)
2019かりや「新成人の集い」に出席ました。数年前までは対象者が1500人台であったものが毎年増え続け、今年は新成人が2048名と大変多いため、私たちは大ホールではなくて小ホールでモニターを通して見ていました。

また、今年大きく違う点は、恩師が全員舞台に上がって紹介されたことです。新成人のパワーに刺激を受けて、その後私も元気に街頭演説を行いました。

エルシティ前→刈谷駅南口→ピアゴ東刈谷店の順番で行い、それぞれの場所で励ましの声を頂いたり、新しく刷り上った後援会リーフレットを持ってもらいました。
2019年1月12日(土)
東刈谷市民館において[第6回タウンミーティング]を開催しました。私の担当は「刈谷市議会12月定例会について」約30分間で、自らの一般質問の内容、委員会での議案・所管事項などを説明させて頂きました。

最後に行われた質疑応答の中で「個別に行っていた市政報告会に比べて、こうして会派の議員4名が合同で行うスタイルに変えたことによってどのような利点がありましたか?」といった質問がありました。

「議員4名が市民の皆様からの声を同時に聞くことによって、会派でその声について検討する際に、4名が共通認識を持って議論に臨むことが出来るので、議論がし易くなりました」とお答えしました。

今回で一旦、会派で行なうタウンミーティングは最後となります。これまでにご参加いただいた皆様に心からお礼申し上げます。

その後、会場を移動して総合文化センターへ。『無党派・市民派議員と歩む刈谷市民の会』の結成総会に出席し、その場で4月の県会議員選挙での推薦を頂きました。私からは「県議選がゴールではない。その風を7月の市議会議員選挙にも吹かせたい」旨の挨拶をさせて頂きました。キーワードは・・・

「大きな力」vs「個人の力の結集」
「無党派・市民派の挑戦」
「新しい時代に新たな県議を」
「刈谷の発展を愛知から」

です。
2019年1月11日(金)
午前中、知人の葬儀に参列しました。享年39歳、11月には大府のシティマラソンに出場して10Kmを完走して、その後癌が見つかり僅か1ヶ月半。親が喪主というのは余りにも悲し過ぎます。心からご冥福をお祈り致します。

明日、いよいよ第6回のタウンミーテイングを開催します。今回のテーマは・・・

①前回のタウンミーティングで戴いた意見への対応について
②刈谷市議会12月定例会の報告
③歴史博物館の開館について

の3項目で、この内私は[②刈谷市議会12月定例会の報告]を担当します。

会場は東刈谷市民館、午前10時からです。中電変電所の駐車場を利用して頂くことが可能です。ぜひお越し下さい。

2019年1月10日(木)
愛知県選挙管理委員会へ[平成30年 神谷まさひろ後援会収支報告書]を提出しました。 収入は寄付金と初詣をした際に参加者から頂く参加料、そして支出は、事務所の家賃と諸経費・コロンブスレポートの発行経費、そして初詣の交通費・食事代などです。

毎年感じるのですが、県庁の建物は県民を寄せ付けない威圧感がありますね。(この写真、例年は雲ひとつない青空ですが、今年は残念ながら雲しかありません・・)

近くの信金・店舗・病院にポスター掲示のお願いに伺いました。ポスター・・・? 今回は私のポスターではありません。1月23日(水)から27日(日)まで刈谷市美術館で開催される『第19回 ちびっこかいがてん』のPRポスターです。

刈谷市内の公立・私立17園の0歳児~5歳児全ての園児の作品が展示されます。
2019年1月9日(水)
小山のいきいきクラブ(以前の老人クラブです)[小山寿楽会]の新年祈願祭に出席しました。

小山地区にはいきいきクラブが4つあるのですが、その中でもこの[小山寿楽会]が最も会員数が多く、今日も約100名の方が参列して天子神社での祈願祭が行われました。そして、直らいの席におられた約70名全ての皆さんに名刺を渡しながら挨拶をさせて頂きました。

4月の選挙のことを話すと、驚かれると共に「やっとその気になったか」と多くの方に仰って頂きました。「はい、決意を固めました」 新しく何かを始めるには勇気と覚悟と志です!
2019年1月8日(火)
母校刈谷北高等学校の東側にあるグラウンドと、刈谷北高校の北側にある(株)豊田自動織機の本社グラウンドの土地を交換することが決定しました。

土地交換の経緯としては、(株)豊田自動織機から、将来的な刈谷工場の再編に向けて土地交換の申し入れがあり、愛知県として検討した結果、教育環境の向上等のメリットがあると判断されたことから、関係両者に地元である刈谷市も加えた三者による協議を進めてきたものです。尚、土地交換の時期としては2022年度中を予定しています。

実は、私が刈北の学生だった頃、刈北にはグラウンドがなくて今回交換する(株)豊田自動織機の本社グラウンドを織機さんと共同で使わせてもらっていたように記憶しています(記憶違いであったらごめんなさい)そういった意味では、今回の交換はあの頃に戻ったようで懐かしい気がします。

夕方、刈谷駅南口で街頭演説を行いました。日中は比較的暖かだったのですが、夕暮れと共に寒くなって来ました。写真を撮って下さる方との出会いがなかったので、今回は駅の写真をUPしておきます(笑)