愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2019年12月5日(木)
愛知県12月定例議会

刈谷市議会では行われていなかったのですが県議会では会派ごとの代表質問が行われます。質問時間は1人80分以内(質問50分、答弁30分)と決められており、質問者と知事の答弁は壇上で、警察本部長・教育長は自席で答弁をします。

今日は、自民党政調会長の石塚議員と新政あいち県議団政調会長の嶋口議員のお二人が登壇しました。項目を紹介しますと・・・

石塚吾歩路議員

1.行財政運営について
(1)県税収入の見通しと今後の財政運営について
(2)次期行革大綱の策定について
2.新しい時代に飛躍する愛知づくりについて
(1)第2期の人口ビジョンと総合戦略について
(2)アイチ・スカイ・エキスポの利用促進に向けたeスポーツイベントの活用について
(3)名古屋港の浚渫土砂による中部国際空港沖公有水面埋立事業について
3.活力と魅力あふれる愛知の実現について
(1)観光振興について
(2)FIA世界ラリー選手権(WRC)の愛知・岐阜開催について
(3)あいちトリエンナーレについて
4.安全・安心な暮らしの実現について
(1)河川の治水対策について
(2)ゼロメートル地帯における災害対策について
(3)地域医療構想の推進について
5.次代を担う人づくりについて
(1)新しい時代における魅力ある高等学校づくりについて

嶋口忠弘議員

1.県税収入の見通しと今後の財政運営について
(1)県税収入の見通しについて
(2)今後の財政運営について
2.次代を担うモノづくり産業の振興(ロボット産業の振興)について
3.第4次産業革命に対応したイノベーションを推進するスタートアップ・エコシステム形成に向けた取組みについて
4.県民750万人全員活躍社会づくりについて
(1)民間企業における障害者の就労支援について
(2)多文化共生社会づくりの推進について
5.働き方改革の推進(教員の多忙解消と良好な教育環境の整備)について
6.子ども・子育て応援社会づくりについて
(1)子ども・子育て支援の充実について
(2)児童虐待防止に関する取組について
7.安全・安心なまちづくりについて
(1)災害から県民の命・財産を守る強靭な県土づくりについて
(2)交通事故死者数全国ワースト1位返上に向けた取組について
2019年12月4日(水)
今朝はミササガパークではなくて、市原稲荷神社さんでのラジオ体操に参加しました。

開始前には焚き火を囲み、紅葉が綺麗に・・・季節を感じながらの一朝です。終了後は喫茶待夢さんでモーニング。皆さんとの会話を楽しんでいます。

昨日のHP(Fb)をご覧になった方から「⑤特別支援教育の充実と⑧FIA世界ラリー選手権ラリージャパンが気になります」との声をお寄せいただきました。本来は全ての項目についてもう少し詳しく説明した方が良いのでしょうが、それですと知事の[提案説明]全てをUPするようなことになってしまいますので、そちらは後日、議事録から検索頂くとして、このHPではその方にお答えした2項目についてお知らせします。

[特別支援教育の充実]について
①10月25日に瀬戸つばき特別支援学校の開校記念式典を開催した。251人の児童生徒が通学しており、春日台特別支援学校と三好特別支援学校の過大化による教室不足や長時間通学が解消した。
②来年4月には県立福江高等学校の施設を利用して、知的障害のある高等部の生徒を対象とした豊橋特別支援学校の分教室として「潮風教室」を開設予定
③西尾市で本県初となる知的障害と肢体不自由の児童生徒に対応した特別支援学校を新設する

[FIA世界ラリー選手権ラリージャパン]について
①2020年のFIA世界ラリー選手権の愛知・岐阜開催が決定し、テストイベントとして11月9日・10日に愛・地球博記念公園を中心に「セントラルラリー」が開催された②7つの観戦ポイントが設けられ34台のラリーカーによるタイムアタックの迫力を約4万人が観戦
③来年11月のラリージャパンは最終戦の予定であり、年間世界チャンピオンの決定が見込まれる大一番のラウンドとなる。今回のテストイベントの成果を生かしながら、今後、日本を代表するモータースポーツの中心地として世界に大きくアピールする大会になるようしっかり取り組んで行く

2019年12月3日(火)
愛知県12月定例議会が本日から12月20日までの日程で開会しました。諸般の報告・会期の決定の後、先の9月定例会において新たに教育委員に選任された塩谷育代氏から就任の挨拶がありました。

「塩谷育代」・・・どこかで聞いたことのある名前だ、と思われる方もあるかもしれませんが、そうです女子プロゴルファーの塩谷さんなのです。塩谷氏は名古屋市立桜台高校を1981年に卒業。翌年プロテストに合格し、92年と95年には女子プロゴルフの年間賞金ランキング1位に輝き、通算優勝回数も20回と素晴らしい戦績を残しておられます。愛知県がプロスポーツ選手を教育委員に選ぶのは初めてのことです。県の教育行政にスポーツマンらしい爽やかな新風を吹き込んで下さることを期待しています。

その後、大村知事から全ての議案の提案理由説明がありました。項目ごとのタイトルだけを紹介しますと・・・

①最近の経済情勢と来年度の予算編成
②愛知スタートアップ戦略の推進
③知の拠点あいち重点研究プロジェクト
④豚コレラへの対応
⑤特別支援教育の充実
⑥中部圏知事会議
⑦国の施策・取組に対する要請
⑧FIA世界ラリー選手権ラリージャパン
⑨自動運転実証実験
⑩あいち技能五輪・アビリンピック2019
⑪中国の大学との覚書締結
⑫働き方改革の推進
⑬G20愛知・名古屋外務大臣会合
⑭中部国際空港の機能強化
⑮新時代に対応した工業高校の魅力向上
⑯愛知県学術顕彰
⑰交通安全対策の推進

そして最後に議員提出による「交通死亡事故の根絶についての決議(案)」を全会一致で可決をして、本日は散会となりました。明後日は代表質問が行われます。
2019年12月2日(月)
雨降りのため事務所で[日記で綴る県政報告]の原稿書きをしていました。

本来は、12月定例会の内容を含めて1月に発行する予定だったのですが、9月定例会から12月定例会までの間の出来事が沢山あったため、1月発行の物だけでは賄いきれずに急きょ12月にも発行することにしたのです。

コロンブスレポートの時はA3で2枚、つまり8ページだったのですが、[県政報告]になってからは新聞折込の関係もあってA3で1枚だけになってしまいました。そのことも追加発行の理由としは大きいのですが・・・

内容としては①9月定例会最終日 ②高校の私学助成拡充 ③福祉大会参加 ④グラウンドゴルフ場整備 ⑤日本ボーイスカウト愛知連盟創立70周年祝賀会 ⑥安全・安心対策特別委員会の県外調査 ⑦無所属議員の連絡会

これらの内容で、12月20日前後の発行を予定しています。
2019年12月1日(日)
早いもので今日から師走。ミササガパークでのラジオ体操を終えた後、松秀寺・秋葉社で開催されている『おかげさんで ご縁市』にお邪魔しました。

2年前から始めて今回が10回目とのこと。「地域の絆が希薄になった」と言われる一方で、地域の方のご努力でそれを取り戻す取組みもあちらこちらで見られます。この『ご縁市』もその一つ。

手作り品や農産物の販売や演奏会など、のどかな雰囲気の地域交流の場で、私も沢山の方とふれ合うことが出来ました。 次回は来年3月8日(日)です。

その後今日は議員としての活動はお休みを頂いて、家族と過ごす貴重な一日となりました。
2019年11月30日(土)
桜市民館では上田市議会議員さんなどのご尽力により、毎月1回[子ども食堂 ほっとライス]が開催されています。

今日のメニューは11月らしく「さつまいもときのこ味噌汁」「さつまいもと豚の炒め物」「さつまいものバター焼き」と「お芋づくし」です。

また、写真の幟旗にもあるように会場では[ランドセルプロジェクト]も行われています。

そして2階ホールでのイベンは加藤みつ子さんによる二胡の演奏です。 「紅葉」「里の秋」「小さい秋見つけた」「隣のトトロ」「さんぽ」「赤とんぼ」などこちらも11月らしい秋の歌、ゆったりとした調べに心が癒されました。

隣の神社社務所ではぶんぶんゴマの工作、帰り際には「お菓子のつかみ取り」など子ども達の笑顔が溢れる催しです。朝から準備に追われたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でしたm(__)m

▲TOP