愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2022年8月6日(土)

作品を出展しておられる方にご案内を頂いて、刈谷市美術館で行われている『第62回 彩日会展』を鑑賞しました。

偶然、元市議会議員の沖野氏にもお会いしました。作品「国宝羽黒山五重塔」の作者竹川氏と、作品を挟んで3人でカメラに。また、2人で写っている写真は杉浦春一先生。先生の絵画は「まるで写真のよう」を超越して「まるで実物を見ているよう」です。思わず唸るような、素晴らしい作品ばかりの展示会です

第67回愛知県消防操法大会。今回はコロナの影響で観客の数を絞ったため、常滑の会場で応援することが出来ません。

そこで朝9時半、分団詰め所を出発する団員の皆さんを激励した後、午後1時13分からLIVE配信を見ながら応援しました。選手の顔がアップで写されるため、見ているこちらもいつも以上に力が入ります。立派な操法が出来たと思います。

「努力は裏切らない」・・・私もその言葉を信じて吉報を待ちたいと思います。選手の皆さん、団員の皆さん、そして指導頂いた消防署職員の皆さん、本当にお疲れ様でした。

野田公園で開催されている『あるじゃん・東刈谷商店街 ビアガーデン&盆踊り』のイベントに伺いました。

「このイベントが地元の商店街と公民館との共催で行われていることは非常に意義のあることだと思います。

東刈谷商店街は加盟店が実に90店舗もあります。お店は地域に支えられ、地域はお店があることで活気づきます。これからも地域と商店街が共に手を携え東刈谷地区が益々発展されることをお祈りしています」このような主旨で挨拶をさせて頂きました。
2022年8月5日(金)

これが「引き寄せの法則」と言うのかよく判りませんが、最近「〇〇さんに、これこれをお願いしたいので一度自宅を訪ねて行こう(電話でお願いしよう)」と思っていると、偶然その方と出会うことがよくあります。

普段からよく会っている方ならばそれもあるかもしれませんが、何年ぶりかに会う人もそうした偶然の出会いがあり驚いています。

5年ぶりのKさんは娘のFb友達を通じて久しぶりの出会い。半年ぶりのIさんは、街頭活動をしていたらジョギングの途中とのことで再開。3年ぶりのKさんはランチをしていたら偶然背中合わせの席に座っておられて再開。1年ぶりのIさんは、街頭演説をしていたら偶然目の前を車で通過。

そしてその後、いずれの方にもお願い事を告げることが出来ました(全て願いが叶った訳ではありませんが・・)

以前このHPに「念ずれば花開く」と書いたら、ある友人が「念じているだけでは叶わないよ。それに向けて動かないと」とアドバイスをくれたことがありますが、確かに具体的に動いているから「引き寄せ」もあるのかもしれませんね。「動けば花開く」です!
2022年8月4日(木)

いつものようにミササガパークラジオ体操→刈谷駅南口街頭→桜町交差点街頭。ミササガパークでは今日もコグニ倶楽部の皆さんが歩いておられました。青空の下、日陰を求めての体操です。刈谷駅南口→桜町交差点と移動するごとに雲が広がってきました。

今日は雨の天気予報です。このような日は「晴耕雨読」事務所に籠って溜まった事務作業をこなすことにしました。が、結局強く雨が降り出したのは夕方からですから、結果的には外での活動も事務作業もしっかりやることが出来ました。

1872年11月27日に現在の愛知県が誕生して、今年で150年という節目を迎えます。

その気運の盛り上げやジブリパークの開業を祝し、11月12日に県政150周年記念花火イベントを実施します。委託先募集中ですので、ぜひ素晴らしい企画を提案頂きたいと思います(と言っても、既に概要の説明会も終了し、提出期限も8月12日までですから、日程的には厳しいのかもしれませんが・・・)
2022年8月3日(水)
ミササガパークでのラジオ体操→刈谷駅南口での街頭活動→桜町交差点での街頭活動。そして夕方からは築地の交差点で街頭活動。真っ青な空と蝉時雨。今日も暑い一日でした。

今日8月3日は「はち(8)みつ(3)」の語呂合わせから「蜂蜜の日」だそうです。健康食品としての蜂蜜を広く知ってもらう日として、全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はちみつ協会が1985年に制定したとのことです。

私の事務所前にあるデンソー本社の屋上には2015年からミツバチの巣箱が設置されています。これはデンソーの環境の取り組みである『デンソーエコビジョン2025』における実験的な活動の一環とのことです。地元の飲食店の中にはこの蜂蜜を使った料理を提供しているお店もあります。

また、先日県民環境委員会の県内調査で訪問した、豊川市にある産業廃棄物処理業者の加山興業(株)工場の横では養蜂を行なっておられました。

ミツバチは環境指標生物と呼ばれ環境の良いところにしか集まって生息しないとのことで、事業活動と環境との共存を証明するためにミツバチを飼育し、このミツバチを起点にして地域交流や地域振興を実施しているとのことです。「蜂蜜」夏バテにも良さそうですね!


2022年8月2日(火)
 

産業イノベーション推進特別委員会が開催されました。

「革新事業創造戦略とAichi-Startup戦略とを両輪とした世界イノベーション都市の形成」というタイトルで革新事業創造部長の柴山氏から、現在愛知県が進めているイノベーション・エコシステムの形成やスタートアップの創出・育成支援についての説明がありました。

柴山部長さん自身も大学院の博士課程修了・MBA・中小企業診断士・宅地建物取引士の資格を持っておられ、この部署の職員さんの多くが中小企業診断士の資格を持っていたり、英語・中国語・フランス語が堪能であるなど、正にこの分野における専門家集団です。

愛知県は地理的に日本の中心。人口は全国3位の大都市。GDPは全国2位、製造品出荷額(2019年)は約48兆円で43年連続日本一と、日本一の技術と伝統を誇る産業の中心地。その愛知県が起こすイノベーション。愛知はいつの時代も未来を拓く中心地です。
2022年8月1日(月)

市原稲荷神社へ朔日詣り。その後ラジオ体操。さぁ、新しい月のスタートです!

先日ご報告した、愛知県に対する 「衣浦豊田道路建設推進協議会」「名古屋岡崎線建設推進協議会」の要望会、建設局長の回答の中から関連道路として要望の各路線についてご紹介します・・・

◎県道宮上知立線→名古屋岡崎線バイパスより南側の約2.2km区間については、今年12月の開通に向け、残る道路築造工事を進めて行く。

◎県道小垣江安城線→国道23号高棚北インターチェンジから国道419号までの約1.9km区間でバイパス整備を進めている。このうち、東側の約1.0km区間については、用地は残り3件となっており、工事も順次進めている。西側の約0.9km区間についても、これまでに約5割の用地を取得しており、昨年度から工事にも着手している。今年度も、刈谷市さんや安城市さんのご協力をいただきながら、残る用地買収を進めるとともに、事業区間全線にわたって道路築造工事を実施して行く。
2022年7月31日(日)

午前10時より秋葉社で執り行われた例祭に参列しました。頂いた資料によりますと・・・

元来「新楽」は前日祭である「宵宮祭」の意味と本番前の「試(ため)し楽=試楽」から来ていると言われています。よって、二日目の「本楽」の日の朝の祭典こそが、神社の定める「例祭=大祭」であり、一番重要な祭典となります。

とのことです。そして夕方からは、秋葉社で子ども神前舞いを見た後、祭りの本部に伺い夏の夜空に浮かぶ幻想的な万燈の明かりを満喫しました。

▲TOP